海外旅行のご利用は計画的に!旅費を経費にする方法を紹介

Last updated on 2023年1月25日 By 杉田健吾

僕の周りの起業家の方は、旅行好きの方が多いんですが、みなさんはどうですか。旅行に行くと、結構お金がかかりますよね。海外に年に何回か行くとなると、相当なお金です。そのお金、会社の経費に計上していますか?

もちろん、せっかく旅行に行くなら仕事のことは一切考えず、プライベートで行きたいというのも全然ありです。でも、ちょっとした準備をするだけで、旅費を経費にできるので、考えてみてはいかがでしょうか。そこで今回は、海外旅行の費用を経費にする方法を紹介します。

今回の内容は

海外旅行の費用は経費にしているの?
経費にする人としない人の2通りがある

海外旅行の費用を経費にする人はどうやっている?

観光だけなら経費にならない
1日だけ仕事をしたら経費になる?
海外旅行の費用を経費にするには

海外旅行の費用を経費にするための対策例
仕事で海外に行くことをアピールする
事前にアピールすることが大事

海外旅行は事前準備が大切!

 

海外旅行の費用は経費にしているの?

僕の周りでは、ビジネスである程度働いたら、リフレッシュするために海外に旅行に行く人が多いんです。そして、旅行が好きな起業家の方々は、年に何回か海外旅行や国内旅行をしています。ここまでお話しすると、みなさん気になりますよね?その海外旅行のお金って、経費にしているの?って。

経費にする人としない人の2通りがある

海外旅行のお金を経費にするかどうかは、僕の周りにいる起業家の間でも以下の2通りに分かれています。
  • 全部プライベートにして楽しんでいる人
  • 見事に経費になっている人
海外旅行のお金を経費にしているってことは、海外の旅行先でも仕事をしているってことなんですが。つまり、経費にしている人は、あくまでも海外旅行で遊ぶのがメインではありません。仕事のために海外に行く必要があって、そのついでに観光もしているみたいな感じですね。

 

 

海外旅行の費用を経費にする人はどうやっている?

旅費を経費にしている人は、どのようなことをやっているのか見ていきましょう。

 

観光だけなら経費にならない

旅費を経費にできるかどうかは、海外旅行に行くと決めた時に、どのように計画するかでも変わってきます。もちろん何も考えずに海外に行って観光だけをして遊んできたら、これは単なるプライベートの海外旅行ですよね。当然、海外旅行の費用は、全額経費になりません。これは法人でも個人でも同じ結果です。

 

1日だけ仕事をしたら経費になる?

仕事をしなければ経費にならないなら、ちょっとだけ仕事をした場合はどうでしょうか。

たとえば、海外旅行に行った10日間のうち、1日だけ仕事したら経費にできるでしょうか。これって、かなり微妙ですよね。その1日の仕事の内容や理由によって、どこまでが経費として認められるかが分かれますよね。1日でも旅行先で仕事したんだから全額経費にしてもいいじゃん。とはならないですよね。

ここは、もっと計画的にいきましょう!そうそう、「ご利用は計画的に!〇イフル〜」ですね(笑)

 

海外旅行の費用を経費にするには

海外旅行の費用を経費にしたいのであれば、まず大前提として「〇〇の仕事のために海外に行く必要がある」という理由が必要です。べつに海外に行かなくてもできる仕事をこじつけて、海外でやってきたというだけでは、理由が弱いですよね。限りなくダメと言われそうな理由ですね。

やはり理想としては、その仕事のために、海外に行く必要があることが重要なんです。だから、海外に行く必要性はしっかり計画的に考えるべきところなんですよね。つまり、海外旅行の費用を経費にしたいなら、そこに行かなければ仕事にならない理由を作れば良いってことです。

海外旅行の費用を経費にするための対策例

海外旅行に行かなければいけない理由を作るとは、具体的にどうすれば良いでしょうか。たとえば、旅行のブログで収入を得ている人を例にしてみましょう。

仕事で海外に行くことをアピールする

旅行のブログで収入を得ている人が、海外に旅行に行くことが決まったのなら、旅行に行く前に、以下のようなことをアピールしておきましょう。「今度、どこどこ地域の特集をやります。特集のために取材に行ってきますので、楽しみに待っていてくださいね。」

これで、ご利用は計画的に!の第一関門は突破です。事前に取材って言っていますからね。仕事で行ってくるのだよ!ってアピールですよね。そして、戻ったらまた、「取材に行ってきました。その時の様子をブログで紹介しますので楽しみに待っていてください。」というように、記事を書く前にブログやSNSなどでアピールしておくんです。

そうすれば、海外に仕事で行ったことをアピールすると同時に、記事のマーケティングにもなりますね。

事前にアピールすることが大事

ただし、アピールが旅行後だけでは、不十分です。事前準備が無く、ただ旅行として行ってきて、後付けでいかにも取材をしたように体裁を整えても、それはやっぱり不自然になります。

不自然になると、たとえ旅行先で仕事をしていたとしても、「たまたま仕事が生まれたからしていただけでしょ?観光がメインの目的ですよね?」と言われてしまいます。そのため、全部経費にしてはダメとまでは言われなくても、ほとんどはダメと言われてしまうんです。

この微妙な違いが、わかっていただけますか?ちょっとした違いなんですけど、「ご利用は計画的に!」を意識して、事前にアピールしておくことが重要です。たったこれだけのことで、後の結果が大きく変わってくるのですよね。

 

 

海外旅行は事前準備が大切!

今回は、海外旅行の費用を経費にする方法を紹介しました。海外旅行が観光目的の場合、その費用を経費にすることは難しいです。もちろん、旅行先で1日仕事をしただけでは、観光がメインになってしまいます。

そのため、海外旅行の費用を経費にしたいなら、仕事で行くことをアピールしなければいけません。旅行に行った後ではなく、行く前にアピールすることが重要です。旅行に行った後では、どうしても不自然になり、変に勘ぐられてしまいます。そこで、今日のポイントは、海外旅行に行くなら「ご利用は計画的に!」です。

この続きは、次の記事でもう少し詳しく書きますので、お楽しみに。ではでは、今日はこの辺で。